応援
【 4年生チームを応援する6年生 : 市民大会より 27日:撮影 】

9月27日(日)に H21年度・尾張旭市民大会・少年野球の部が開幕
しました
今大会は 参加費無料ということで 過去最多チームが参加し 優勝までは
シードされない限り5回 戦わなければならないことになりました
出場チームには学年の区別もなく また人数によっては 同チーム同学年で
2チームに分けて出場するチームもあり 対戦カードによっては 
【同じチーム同士】また【4年生チーム VS 6年生チーム】が 考えられます

27日の1回戦では SF-C(4年生チーム)が 他の6年生のチームと対戦
することになり 試合開始後 SF-A(6年生チーム)が SF-C(4年生チーム)
を必至に応援している光景がありました

体力差・チーム構成などから 【 学年運営 】 を中心とした『三郷ファイターズ』
ですが 同じユニホームを着た選手を応援する光景は どのチームも 当たり前の
ように考えられますが チームを代表する者にとっては 結果(勝敗)以上に嬉しい姿
だと思います

スポンサーサイト
2009.09.27 Sun l その他 l top ▲
中学
【 決勝戦 品野中 VS 旭中 : 瀬戸北グラウンド 】

本日(9/21) 瀬戸北グラウンドで 瀬戸・尾張旭地区の中学校の
新人戦(中2)の決勝戦が行われました
私は 19日(土)に尾張旭会場(城山球場)の試合に2試合関わり
祖東中と品野中が ベスト4にコマを進めて今日を迎えました

本日に対戦カードは

準決勝戦  旭中  VS 旭西中
 〃     祖東中 VS 品野中

決勝戦   品野中 VS 旭中   でした

私は 審判の勉強のため 決勝戦を観戦しましたが スコアーは
7回まで 1-1 だったため 8回から特別ルールになり 先行の品野中が
ノーアウト満塁から 2つのパスボールと内野ゴロなどで4点を追加し 後攻
の旭中が 1点しか奪えず 5-2 で品野中が優勝いたしました
SF卒団生が多く所属する 旭東中は 2回戦で旭西中に 0-1 で敗れ
ましたが 中学2年生(SF19期生)にとっては 新チーム(新シーズン)が
出来て最初の大会です
来年の7月まで 精一杯 頑張って 良い報告を聞かせてください!!

旭中応援席には SFと同じ市内のブルーSの指導者が何人も応援に駆け
付けており 少年野球と中学野球の繋がりを感じました

2009.09.21 Mon l 卒団生 l top ▲
少年野球の大会は 学年大会が多く SFでは学年による活動を心掛けて
います
8月下旬より H21年の少年野球の秋シーズンが始まり 公式戦や
強化試合(練習試合)などで SF4チームのどこかが 遠征などで
普段 練習場して使用している三郷小グラウンドにいない日が 多かった
のですが昨日(9/13)のSFは 4チームすべてが三郷小学校で練習を
する日となりました

練習風景を見ていても 人数が多いためか グラウンドに響く声がいつも
に増して 元気があったように感じました
また 先週 行われた市内連盟主催・新人戦でBチームが優勝したことが
SF全体にいい雰囲気を作り出してくれたようにも感じます
H21年の少年野球シーズンは これからが 『 クライマックス シーズン 』
です
A&B&Cチームは 良い結果が出せるように
Dチームは 次のシーズン(H22年)の足がかりになるような 『 秋 』 に
なることを 願っています

2009.09.14 Mon l その他 l top ▲
8月29日・9月6日の2日間に渡って 市内連盟主催・少年部・新人戦
(5年生)を行い 全9試合中 私は5試合ほど 審判員や観戦をいた
しました
3月より Bチームとして市内少年野球チームの5年生大会が始まり
毎年5年生の大会は 4回ほど行ないますが 同学年の最初大会(春)
から いろいろな各大会に参加し 暑い夏の練習を経験し 臨んでくる
秋のチーム状態は 各選手の成長度を確認することが出来ると思って
います
また 日頃の野球に対する心構えや姿勢など どんな思いで今大会に
臨んでいるのかが 試合中のプレーで分かる時があります
今大会(連盟主催・少年部・新人戦)はSF-Bチームが優勝すること
が出来ましたが 優勝したチームは 必ず警戒され
『次回(スポ少・秋季)は俺たちだ!』 と狙っているチームは
『打倒・SF』 を合言葉に練習をしています
警戒される中で どんな組み合わせになっても
『 優勝することよりも 優勝し続ける! 』 ことの方が より難しく また
選手を大きく成長させてくれます
チームが今大会以上に強くなるために これからも 日々の練習を怠ら
ないように 頑張ってください

2009.09.07 Mon l 報告 l top ▲