口論義
【 26日:スポーツ少年団・愛知県大会・準々決勝戦 】

26日(土) 愛知県口論義運動公園・野球場(日進市)にて 全国スポーツ少年団
愛知県大会の準々決勝戦・4試合が行われました
この大会は 各市町村大会を勝ち抜いたチームを 愛知県内16地区に分けて各地区
大会を行い 地区大会を勝ち抜いた16チームで 愛知県代表チームを決め
愛知県代表チームは 東海大会(6月:岐阜県大垣市)に出場し 東海大会に出場する
チーム中 2チームが全国大会(8月:札幌ドーム)へ繋がる大会でした

三郷ファイターズは 3月に行われた市内大会を優勝し 愛知県大会への出場
をかけた地区大会(5月)も勝ち抜き 私にとって 『 悲願の愛知県大会に出場 』
を果たしました
愛知県大会という独特のグラウンドの雰囲気の中 20日(日)に行われた
1回戦【三谷ヤンキース(蒲郡地区代表)】を勝利して臨んだ
準々決勝戦【 北名古屋ドリームズ】は ヒット数では上回ったものの
ファイターズベンチの思惑通りの展開にならず 1-4 で敗退いたしました
三郷ファイターズの全国への挑戦が終わり

 私にとってチームを引き継いで初めての愛知県大会とあって
 私自身が 過剰に全国大会を意識し HPなどで知らず知らずのうちに
 出場する選手と保護者の方々に余分なプレッシャーをかけていた   

と思い反省をしています
愛知県内の各地区大会を勝ち抜いたチームのみが出場出来る大会では

 ・ 四死球が少なく 試合内容が引き締まり1時間30分という限られた
   時間内で最終回まで試合が行われる
 ・ 三郷ファイターズが 普段出場する大会に参加しない豊橋地区などの
   渥美半島のチームが参加し スポンサーや大会役員などのしがらみもなく
   愛知県軟式野球連盟の審判員がジャッジをされるので 優勝するチームは
   愛知県NO.1 と思えました
 ・ 各地区を代表して出場しているため チーム戦術から その地区の野球文化
   (勝ち抜くための戦術)が なんとなく見れました
 ・ 野球には ミスが付きものですが カウント・状況などの1球1球によって
   ベンチワーク(作戦)が変わってくる
 ・ レベルの高い大会では 選手の成長していく姿が よく分かりました
   『 出来ることなら 毎回 三郷ファイターズの選手を このような大会に
     出場させてやりたい 』 と思いました

ことなどが 私にとって新たな発見でした
三郷ファイターズを愛知県大会まで連れて来てくれて
24期生(Aチーム) ありがとう!! またこの場所に来れるように
後輩たちに伝えていきます・・・

今大会 三郷ファイターズは 優勝していないので全国大会への扉は
開けませんでした
決勝戦にも進出していないので 全国大会への扉に手も掛けれませんでしたが
準々決勝戦に進出(愛知県ベスト8)し 

 あ~ あそこに全国大会への扉がある

という 『 扉の場所や姿・形 』 が見れたと思っています


スポンサーサイト
2012.05.26 Sat l その他 l top ▲
ロッテ
【 16日:撮影 】

私は 根からの阪神ファンですが 7年前からプロ野球で交流戦が
始まり 同じリーグの年間試合数が減少したため 阪神タイガース
のナゴヤドームでの試合数も減ってしまいました
その腹いせではありませんが 交流戦実施1年目に 

 千葉ロッテの応援って 面白いかも・・・

という発想から ロッテ戦をレフト外野応援席で家族で観戦いたしました
当時のレフト外野応援席は 左中間の最前列にあり 
交流戦・ナゴヤドーム・千葉ロッテの初戦は 全応援団員が試合開始までに
間に合わなくて 応援団員が1人で3回まで周囲をリードしていた頃を覚え
ています
【 監督・ボビーバレンタイン イ・スンヨプ 堀幸一 がおりました 】
【 TUYOSHI(大リーグ)が まだ 西岡 で登録されておりました 】
【 ボビー監督の歌もありました 】

その後 息子は 阪神タイガースと共に千葉ロッテも応援し始めて
今では 自分の予定と試合日程が合えば ナゴヤドームにロッテ戦の観戦に
行っており16日(水)も外野応援席の中に入って応援しておりました

ロッテの応援は なんと言っても 声と手拍子にジャンプ 応援団員は
阪神の半分ぐらいの人数で 太鼓:1つ トランペット:5人ほど 旗は2本
ぐらいですが 応援風景は チームを応援するというよりもチームをみんなで
支える精神が強く感じました
太鼓1つでレフトスタンドのロッテファンが一斉に手拍子をし始める小気味良い
サウンドは 何の違和感もなくついていける世界でした

太鼓に手拍子・・・少年野球の応援でもやってみたいですね~

三郷ファイターズの部員も数人 レフトスタンド3列目ぐらいで見かけました
『 絆 』 Tシャツを着た保護者の方も見かけました


2012.05.20 Sun l その他 l top ▲
サッカー
【 決勝ゴールを決め 喜びが爆発したマンチェスターシティー選手 】

土・日曜日(12日・13日)は 審判などの野球に関する仕事が
多かったため 日曜日・夜の私の頭の中は パンパン状態で 遅く
まで寝付けれませんでした
そのため NHK-BS放送でサッカー中継【プレミアリーグ(英国)】
を見ておりました
リーグ最終戦で勝てば44年ぶりに優勝する
『 マンチェスターシティー 』 と 負ければ下部リーグに降格の可能性がある
『 クイ-ンズパーク 』 戦が生中継されおりました
英国のプレミアリーグは 世界的にもレベルが高く 英国のマンチェスターという
都市には 2つの大きなサッカークラブが存在し
『 マンチェスターユナイテッド(以下:ユナイテッド)』 というチームは
世界中のサッカーファンから愛され日本にも多くのファンがいます 
片や 『 マンチェスターシティー(以下:シティー) 』というチームは
英国では有名ですが世界的には あまり名の知られていないチームです
同じ都市のチームが対戦することを 『 ダービーマッチ 』 と言われ
サッカーでは 『 ダービーマッチ 』が よく行われます
『 ダービーマッチ 』 では一方のチームが人気面などでメジャー的に扱われる
ことに対し もう一方のチームがマイナー的な扱いをされます 
そのため マイナー的に扱われているチームは メジャー的に扱われているチーム
に対し 順位に関係なくガチンコ真剣勝負を挑んでくるので 両チームの対戦は
いつも白熱します

 ACミラン  VS インターミラノ   ( ミラノ:イタリア )   
 ジュビロ磐田 VS 清水エスパルス   ( 静岡県 )
 ガンバ大阪  VS セレッソ大阪    ( 大阪府 )
 浦和レッズ  VS 大宮アルディージャ ( 埼玉県 )

プロ野球なら交流戦で
 阪神タイガース VS オリックスバファローズ ( 関西 )

プレミアリーグでも ユナイテッドが19回の優勝回数に対し シティ-は過去2回
しか優勝しておらず 同じ都市でもチームの歴史・ファン層が全く違っています

テレビ生中継された2011-2012シーズンの最終戦に同じ都市のサッカーチーム
が同じ勝点で並び シティ-が勝利すれば44年ぶり シティ-が敗退してユナイテッド
が勝利すれば20回目が決まる試合は 世界中が 英国・マンチェスターという都市の
2つのサッカーチームに注目する歴史的な日になりました
試合は ホームで行うシティ-が 試合を優勢に進めますが 得点出来ず
試合終了5分前まで1-2で負けており 他会場で同じ時刻に始まったユナイテッドは
1-0で少し早く勝利して終了していました シティ-が優勝するには残り5分間で2点
を入れなければならない状況になり シティ-サポーターが 優勝をあきらめかけた
終了間際のロスタイムに何とか同点になりました あと1点のために残された時間は 
5分ほどのロスタイムのロスタイムに奇跡的なゴールが決まり シティ-が44年ぶりに
プレミアリーグを優勝する試合内容でした
1-2という試合展開に時間だけが過ぎて サポーターやチーム関係者が優勝をあきらめ
かけていましたが グラウンドでプレーしている選手は 残された時間がわずかでも
あきらめていない姿が テレビから伝わってきました

1-2の試合展開で試合中何度もシュートチャンスが決まらず 実況中継者は

  44年の歴史を塗り替えるために サッカーの神様は マンチェスターシティ-
  の選手に こんなにも苦しみを与えるのでしょうか!!

という言葉が印象的でした

20日(日)より三郷ファイターズは スポーツ少年団・愛知県大会に出場します
歴史を塗り替える・歴史を切り開くためには 苦しみが伴います
44年ぶりに歴史を塗り替えるために マンチェスターシティ-の選手が試合終了
まであきらめなかったように 新たなチームの歴史の扉を開くためにも ゲームセット
の瞬間まで 全力でプレーをしてください

2012.05.14 Mon l その他 l top ▲
5月4・5日の2日間 瀬戸南グラウンドにて スポーツ少年団・軟式野球
愛知県大会への出場をかけた ブロック大会が行われました

三郷ファイターズのチ-ム代表になって7年目になりますが 過去6年間
市内大会の優勝などで 尾張旭の代表チームにはなれましたが 愛知県大会
への出場には 瀬戸市・春日井市・小牧市・豊山町・豊明市・日進市・長久手市
の代表チームと対戦する 『 ブロック大会 』 を勝ち抜かなれば 出場出来
ず毎回 敗戦が続き 三郷ファイターズにとって『 ブロック大会 』
が大きな壁になっていました
また『 ブロック大会 』 に出場するチームは各支部を代表しているため
試合内容・試合会場も 独特の雰囲気があるように感じます
特に 4チーム中1チームのみが出場を獲得する『 代表決定戦(2回戦) 』
は 1回戦を終え 『 勝った方が出場 』 という雰囲気は
オリンピックやワールドカップの出場権を争うような緊張感がグラウンドには
あります
しかし 市内大会では 体感しないような緊張感の中で試合が出来ることが
出場選手やチーム全体を成長させ心を強くしてくれると 私は思っています
『 1つのアウト 1つの四球 1本のヒット 』 が試合を左右すること
に選手が気付いてくれれば 『 1球の大切さ 』 にも気付いてくれる
と思います
『 1球の大切さ 』 に気付いてくれれば 『 仲間の大切さ 』 にも
気付いてくれると思います
勝ち進めば進むほど 精神的に苦しくなりますが 
その 『 苦しさの中で気付くこと 』は 教科書の書物から教えられる
ことではなく 選手やチームの仲間にしか分からないことだと思います
それがきっと 『 絆 』 となってチームが成長してくれることを願っ
ています

5月20日(日)から
スポーツ少年団・軟式野球・愛知県大会(口論義公園野球場・日進市)
が 始まります
愛知県の各予選会を勝ち抜いたチームのみが出場出来る大会です
普段 三郷ファイターズの出場している大会には参加しない豊橋・豊川
・新城などの渥美半島方面のチームも出場いたします

『 どんなチームが出場しているのか? どんな選手がいるのか? 』
『 愛知県の同じ学年には こんなすごいチーム(投手・打者)があった!! 』

と気付くこともあるかと思いますが 

『 三郷ファイターズが出場した大会で優勝したチームが 愛知県NO.1
  チームになり その大会に三郷ファイターズも出場する 』

ということも忘れないで 大会に望んでください
抽選会は 5月8日(火) 愛知県スポーツ会館(14:00~)で行われます
【 平日のため チームから柳沢コーチが出席して頂きます 】
三郷ファイターズにとって 新たな発見があり あらたな歴史が加わわる大会に
なります

2012.05.05 Sat l その他 l top ▲
阪神
【 5月2日:ナゴヤドーム・レフトスタンド 】

5月2日(水)に 今シーズン最初の阪神戦(ナゴヤドーム)を観戦
いたしました
GW中とあって 関西地方や関東地方からナゴヤドームへの遠征されて
いる方も多く レフトスタンドでは 各地方の方言と常連ファンが集い
『 同窓会!! 』の様相が伺えれました
ナゴヤドーム・阪神戦のレフトスタンドには サッカーに例えるなら
アウェー側・ゴール裏の騒がしさで 

 ・ 純粋に阪神を応援したい方  
 ・ ファンの中に入って一緒に騒いで応援したい方
 ・ ファンの中で一番目立って応援したい方     
 ・ 衣装や踊りなどで自己流に応援したい方         

など いろいろな思いを込めて応援しています
プロ野球には 少年野球・中学野球に比べ 興行的な部分がありますが
選手・ファンも含め 『 今日(今夜)の1勝 』のために頑張っています
そして この1勝が明日の活力源 となって過ごすことが出来る   

試合結果は 延長10回:2-2 でしたが 今シーズン最初のナゴヤドーム
を観戦を終えて 応援する姿に統一性はなく 野球に対する思いも一人一人違い
ますが 一つ言えることは

『 みんな 阪神タイガース が大好き!! 』 ということでした~

2012.05.03 Thu l 未分類 l top ▲