本日(24日) 社会人野球の試合が市内の同一グラウンドで4試合あり
第3・4試合に審判員として携わりました

社会人野球も11月下旬になれば 各階級で(尾張旭市は3段階)大会
の準決勝戦や決勝戦が行われ 1年の野球シーズンを終えていきます
野球連盟主催の試合では 7回または1時間30分を越えて新しい
イニングに入らないルールで行われていますが 24日の第4試合は
Cリーグの準決勝戦が行われ 1時間30分で7回を終了し3-3の
同点になりました
いつもなら 両チームの出場選手による抽選を行って勝利チームを
決めますが 準決勝戦だったため 社会人野球ではあまり行われない
タイブレーク(特別延長戦:無死・満塁)を8回に行いました

あえて得点が入りやすい状況をお互いが作り 決着を付けるやり方は
少年野球やソフトボール競技・大学野球の全国大会などで採用されて
いますが 普段の社会人野球ではあまり行われていないため 
タイブレーク時の両チームの選手の目は 1~7回までとは違った目つき
に感じました
【 ここまで来たら勝ちたい!! 】 という目つきは 大人が
高校球児に戻った瞬間でした

結果は タイブレークを両チームとも1回やりましたが お互い
1点しか奪えず 最後は いつものように抽選によって勝利チーム
を決めることになりました


スポンサーサイト
2013.11.24 Sun l 審判 l top ▲
P1020502(1).jpg
【 11/17:春日井市民球場 】

昨年に引き続き 春日井市民球場で行われた 尾張東部中学生大会の
審判員に尾張旭市からの派遣という形で参加させて頂きました

春日井市民球場には立派な電光掲示板が設置されていますので ここで
行われる野球大会では 試合に出場する選手の他に審判員も名前が掲示
されます
また 球場自体も内野部分が土・外野部分が芝生とハッキリと分かれ
球審の場所から見渡す風景は 心地良いものがあります

私がこの球場で野球の試合を裁くことが出来るのは 1年に1度あるか
ないかの程度ですが 依頼を受けた時は 何も考えずに承諾するぐらい
私の心の中は ウキウキしております

試合は  春日井西部中   000001   1
      品野中(瀬戸市)  30001×  4

でしたが 中学生らしい得点が入りそうで入らない試合内容でした

  
2013.11.18 Mon l その他 l top ▲