FC2ブログ
PAP_0083(1).jpg

昨年12月と今年1月の2ヶ月に 野球小説を2冊読みました
そして 両小説とも映画化され 2作品とも鑑賞いたしました
 
 ≪ バンクーバー朝日 デッド・Y・フルモト著 文芸社文庫 ≫

   100年前のカナダに 伝説に日系人野球チーム 
   バンクーバー朝日 というチームが カナダNO.1
   になるまでの実話を描く感動のストーリー

 ≪ アゲイン 28年目の甲子園  重松 清 原作 集英社文庫 ≫

   もう一度 甲子園を目指しませんか?
   ある出来事が原因で甲子園への夢を絶たれていた
   40代半ばの元高校球児の夢を諦めない物語

 
バンクーバー朝日 は実話にもとに小説は書かれ 映画は第2次世界大戦
に巻き込まれていく描写が あの当時 異国(カナダ)で野球を続けることの
難しさを感じました

アゲイン は マスターズ甲子園 という実在する大会を題材にし小説・映画
とも とても感動いたしました
小説・映画とも内容については あまり言えませんが ラストシ-ンの
マスターズ甲子園出場選手が 試合後に甲子園のグラウンドで自分の
一番大切に思う人とキャッチボールをするシーンは 野球というスポーツ
ならではの描き方をされておりました

私は 野球部の無い高校から 今 少年野球という野球競技に携わって
おりましが  野球っていいなぁ~ と思っています

スポンサーサイト
2015.01.22 Thu l その他 l top ▲