P1010763(1).jpg
【 写真中央:卒団生 】

2月19日に東部市民センターで三郷ファイターズ・第28期生
の卒団式を行いました
28期生は 6年生が1人でしたが 途中で辞めずに最後まで
在籍してくれました
いろんな意味で 背中でチームを引っ張ってくれていたんだなぁ~
と思いました
三郷ファイターズにとって 卒団までやりぬいた大切な卒団生だと
思っています

毎年 卒団式の最後には 卒団生を中心に入団から卒団する日まで
の写真をスライドショーにして上映し 私が 保護者の方から提供
された写真をもとに作成していますが 完成するまでに 1ヶ月以上
かかります
でも 卒団式で上映するスライドショーを作成している時間が私には
入団から卒団するまで また 在籍期間中のいろいろな出来事や
表情を写真から確認出来る 一番幸せな時間 でもあります

今までグランドにいて当然の選手が 卒団を機に グランドに来なく
なることを頭では 理解していても心が 受け入れていないことが
私は 卒団式直後に起こります

淋しさを感じながらでも 間もなく H29年の少年野球シーズンが
始まりますので 今シーズンも新たな気持ちでスタートをしていきます

2017.02.20 Mon l 卒団生 l top ▲
DSC_7322(2).jpg
【 1/1 : 大阪吹田スタジアム 】

1月1日に他の競技から刺激を受けるため サッカー天皇杯・決勝戦
【 吹田スタジアム:大阪 】 を観戦して来ました
試合は Jリーグ最多タイトル保持の鹿島アントラーズが 初優勝を
目指す川崎フロンターレを2-1で退けて優勝致しました
選手入場時には 川崎サポーターのシートを使った一文字には
阪神・甲子園球場で7回に飛ばすジェット風船のような感動が
ありました

サッカーは ファンのことが サポーター と呼びますが この一文字
を作るには 何枚のシートを使用したのだろうかと驚かされることばかり
でした
鹿島アントラーズ側で 最前列のリーダーが 1月にも関わらず 上半身
裸の方が数名おり ドラムの演奏もプロ並みの音楽でした

野球を中心とした 生活をしておりますが 今年の正月は 他競技から
刺激を受けた正月でした


2017.01.06 Fri l その他 l top ▲
PAP_0691(1).jpg
【 中日スポーツ紙 】

軟式野球の使用ボールが 2018年・後半頃に変わる

というニュースが スポーツ紙に取り上げられておりました
今の軟式野球ボールも 10年ほど前に以前のブツブツの形状
から硬式ボールに近い形状に変わり 変わった当初は 以前より
も飛距離などが向上したこと や デットボールでは以前よりも痛い!!
ということを覚えております

今回も より硬式球に似た形状になり C球(小学生)・B球(中学生)・A球(一般)
の3つのボールの区分が J球(ジュニア:小学生) と M球(メジャー:中学生以上)
の2つの区分になるそうです

軟式野球を終えた野球選手が 硬式野球(主に高校野球)に
スムーズに移行出来ることを目的としておりますが 試作品など まだ 見ておりま
せんが 軟式野球界の新たな話題として 盛り上がってくれることを期待しております

 
2016.12.25 Sun l ルール l top ▲
P1010688(2).jpg
【 12/11:城山球場 】

私が審判員として所属している野球連盟では 全50チームほど
が加盟し Aクラス(1部)・Bクラス(2部)・Cクラス(3部)の構成
の中で1年に1度ですが Aクラス(1部)とBクラス(2部)の
入れ替え戦を行います

普段の同じクラスの試合に比べ 昇格・降格によっては
来シーズンの1年間を 主にリーグ戦で行うAクラス(1部)で
野球を行うか トーナメント戦を中心に運営されているBクラス
で行うかによっては 年間の試合数と選手のモチベーションや
全所属チームで行うトーナメント戦のシード権などの優待処置
が違ってきます

12月11日に行われた入れ替え戦では 
Aクラス(全6チーム)の年間最下位のチーム 
             VS
   Bクラスのトーナメント戦優勝チーム

で行われ Bクラスのトーナメント戦優勝チームがAクラスに昇格
するには 勝利のみが必要となり 同じクラスのトーナメント戦に比べ
試合中の緊張感などが随分と違っているように私は思いました

試合は 延長戦なしの規定試合時間内の0-0の引き分けで終了し
昇格・降格ないしの試合結果でした
 
2016.12.14 Wed l その他 l top ▲
P1010599(2).jpg
【 写真中央:店主の沢村さん 】

10月31日(月)になりますが 愛知県瀬戸市で中日ドラゴンズではなく
阪神タイガーズを応援しながら 飲食店を営んでいるうどん屋さん
が 開店から50年を節目に閉店致しました

我が家が このお店に通い始めたのは 2003年に阪神タイガーズ
が セ・リーグ優勝(当時監督:星野仙一)をしてからから15年になります
当時は 18年振りの優勝とあって 優勝マジック1 になってからは
お店の営業を辞めて 【 優勝の瞬間をお客さんと見届ける!! 】
というキャッチフレーズで 連日 試合当日のお店はスポーツバー状態でした
優勝が決まった夜は お店の前の駐車場でプロ野球さながらの ビールかけ
(約2000本のビールが15分あまりで地面に流れていきました)
また 当初は リーグ優勝と同時に閉店する予定でしたが 人柄と全国の
阪神ファンの要望から 店舗を改装して再度開業をされましたが 今回は
体力の限界を含め閉店することになったそうです
お店を閉店する10月31日の朝刊にも記事として取り上げられ10月31日
は 開店前から多くのみの勝(店舗名:みの勝)ファンが 最後の食べ納め
に来られておりました

【 阪神ファン以外は お店の敷居が高い!! 】

と思われがちですが 人柄はいたって優しい親父さんです
伊藤隼太選手(愛知県瀬戸市出身)が阪神タイガースへの入団が決まった
時は 大喜びで秘蔵写真をお客さんに見せていました
阪神タイガースの歴史を感じるお店で閉店することがとても残念ですが

【 今までお疲れさまでした!!
  また 美味しいうどんを ありがとうございました!! 】 

我が家は 閉店する1週間前の23日にお店に訪れて 食べ納めを致しました

2016.11.19 Sat l 報告 l top ▲